【例文あり】ホームページに載せる会社紹介文のライティングのコツ

自分の会社の紹介文がうまく書けない。
社長に「ホームページの文章を書いておいて」と無茶ぶりされたけれど、途方に暮れている。

そんな方のための記事です。
読み終わる頃には、次の4点について理解できるようになります。

  1. 会社紹介文とはどんなものか
  2. 文章に必要な素材の集め方
  3. どんな体裁で書けばいいのか
  4. どんな文章を書けばいいのか

この記事を元にした動画講座もあります。

会社紹介文は、会社を紹介する文章ではない?

「会社紹介文」は読んで字のごとく、会社を紹介する文章です。
もちろん、これは間違っていません。

ただし、ホームページから新規顧客を獲得したい、問い合わせを増やしたいなどの目的であれば、もうひと工夫必要です。

その工夫とは、「お客様にどう役立つ会社か」を紹介すること。

会社紹介文とは「お客様にどう役立つ会社か」を紹介すること。

では「どう役立つか」は、どう表現すればいいのでしょうか。
そのためには、以下のことをハッキリと言語化する必要があります。

誰に?
何を提供して?
どんな結果を出せるのか?

具体例を挙げてみます。

誰に?
IT化を進めたいけれどコスト面で躊躇している中小企業に何を提供して?
直感的に操作できるシステムを手の届く価格で提供して、

どんな結果を出せるのか?
業務を効率化し、人手不足や採用難のなかでも業績が上がるようにする

 

もし自分が中小企業の代表でIT化に関心があれば、「ん?」と反応するのではないでしょうか。
「システム開発をしている会社です」だけよりスルーされにくいはずです。

会社紹介文を書くには、「誰に、何を提供して、どんな結果を出せるのか」の3点を最初に言葉にするのが非常に重要です。
ここがあいまいなまま書き始めても、行き詰まる可能性大!

社長の頭の中には明確な方向性があり、それに沿って仕事をしていると思います。
でもそれをいざ言葉にしようとすると、なかなかむずかしいもの。

会社紹介文を書くこのタイミングで「誰に、何を提供して、どんな結果を出せるのか」をいま一度、考えてみることをおすすめします。

文章は、材料集めで8割決まる

「誰に? 何を提供して? どんな結果を出せるのか?」が言葉にできたら、次は文章の素材集めです。

文章は料理と同じで、材料がなければ何もつくれません。
超一流のシェフでも、鶏肉がなければチキンカレーはつくれないですから。

私はコピーライターとしてお客様に代わって文章を作成していますが、材料集めに8割のリソースを割きます。
残りの1割で構成を、最後の1割で実際に文章をつくるイメージです。

英語で「書く人」を意味するライターにも関わらず、書いているのは最後のごくわずかな時間のみ。
材料集めが文章のクオリティを左右することが、おわかりいただけると思います。

では、実際に材料を集める方法をお伝えしていきます。

素材の集め方①自分が思う自社の強みや良さを書き出す

いちばんシンプルな方法です。
自信を持っているところや他社に負けないと思っているポイントなどを書き出していきます。

素材の集め方②外部の意見を聞く

お客様に「なぜ他社ではなく当社を選んだのか」「なぜ当社の利用を続けてくれているのか」を聞いてみます。
お客様と接している社員に聞くのも効果的です。

自分がイメージしていることとまったく違うことを言われ、意外な気づきがあるかもしれません。

私にも経験があります。
取引のある制作会社にこの質問をしてみたところ、答えは「取材や文章に安定感があるから」でした。
ここはある特殊な分野に特化した制作会社で、私はその分野で働いていたことがあります。
経験や知識が評価されているのかと思っていたのに、実際はほとんど関係がありませんでした。

このくらい、主観と客観の評価が異なる場合があります。
会社紹介文を書くこの機会に、ぜひお客様の声を聞いてみてください。

素材の集め方③競合サイトを調査する

競合のサイトをいくつか比較し、「他社にできず自社にできること」を浮き彫りにしていきます。
ただ眺めていても違いがわからないので、エクセルなどの一覧表にまとめるのがおすすめです。

比較する項目は企業によってまちまちですが、一例を紹介します。

エクセルで作成した競合比較表

ネットでは必ず比較されます。
お客様の気持ちで競合と自社のサイトを見比べてみると、意外な強みが見つかったり、逆に強みだと思っていたところが他社とほとんど変わらないと気づいたりします。

もし、「素材の集め方①自分が思う自社の強みや良さを書き出す」で思い浮かぶことが少なかった場合、競合サイトの比較からスタートするのもひとつの方法です。

会社紹介文にふさわしい体裁は?

素材がひと通りそろったら文章作成に入ります。
ここで意外と困るのが、「どんな体裁で書いたらいいか」ではないでしょうか。

報告書や提案書であればある程度フォーマットが決まっていますし、ブログ記事等は基本的にテーマに沿って文章を書いていけばいいだけです。

では、会社紹介文はどう書けばいいのでしょうか?
結論から言うと、決まった体裁はありません。
状況によりけり、というのが答えです。

とはいえそれではあまりに無責任なので、書きやすいフォーマットを紹介します。
私がお客様の会社紹介文を書くときも、これをベースにしています。

  • キャッチコピー
  • 100~200字程度で事業内容やビジョンを紹介
  • 「選ばれる理由」「当社の強み」「お客様へのお約束などのタイトル+見出しと100~200字程度の説明文を3~6個程度

会社紹介部のフォーマット

 

 

このフォーマットの利点は2つあります

  1. シンプルに情報をまとめられる
  2. スマートフォンでも見やすい

普通の記事のように文章を書き連ねてしまうと、不必要なことまでつい載せてしまいがちです。
その結果、本当に必要な情報が埋もれてしまう。

一方、見出しをつけて1ブロックにつき1情報にすれば、伝えたいことがスルーされにくくなります。

こうした体裁は、流し読みをされるスマートフォンにも適しています。

文章は、事実と情熱のハイブリッドで

ここまで準備をして、いよいよ文章作成にはいります。
書くときにぜひ取り入れてほしいのが、事実をベースに情熱を織り交ぜることです。

文章は事実と情熱のハイブリッドで書くことを提案

ビジネスの文章は、事実を淡々と伝えるという印象があるかもしれません。
報告書や資料などでは確かにそうです。

でも集客やブランディングが目的の会社紹介文であれば、情熱を織り交ぜたほうが共感を得られます。
とはいえ、個人的な情熱はNG。

たとえば「ひと山当てて、海外リゾート地に別荘を持つことを目標に日々精進しています」「自分は母子家庭で苦労したので、自分の子どもにはそんな思いをさせないために仕事に励んでいます」など。

ここでの情熱とは、「なぜこの仕事をしているのか」「どんな社会をつくりたいのか」を指します。

情熱とは「なぜこの仕事をしているのか」「どんな社会をつくりたいのか」

絵空事を語るのではなく、「私たちは○○な社会を実現するために、実際にこんな取り組みをしています」のように、それを実行するために何をしているかまで書くようにします。

キャッチコピーのつくり方

会社紹介文のキャッチコピー

 

 

キャッチコピーのつくり方については、書籍やサイトが山ほどあります。
詳細な解説はそちらに譲り、ここでは会社紹介文で使いやすいキャッチコピーのテンプレートを2つ紹介します。

キャッチコピーづくりで役立つのが、最初に決めた「誰に? 何を提供して? どんな結果を出せるのか?」です。
ここの一部、もしくは全部を短いフレーズにすれば、それっぽいキャッチコピーがだいだいつくれます。

キャッチコピーのつくり方①どんな変化を起こせるかを宣言

AをBにする
○○をつくる

 

まさに「どんな結果を出せるのか」の部分を抜き出したものです。

ゆうちょ銀行のキャッチコピー「あたらしいふつうをつくる。」は、まさにこのパターン。
シンプルですが、使い勝手のよい型です。

また、一般論の否定を文頭にもってくることで、「何をつくるのか」を際立たせることができます。
前半で出したこの例をもとに考えていきます。

誰に?
IT化を進めたいけれどコスト面で躊躇している中小企業に何を提供して?
直感的に操作できるシステムを手の届く価格で提供して、

どんな結果を出せるのか?
業務を効率化し、人手不足や採用難のなかでも業績が上がるようにする

 

たとえば、最後の1行「人手不足や採用難のなかでも業績が上がるようにする」を、「人手を増やさず利益を増やす」に言い換えればキャッチコピーになります。

一般的に業績を上げるには人手が必要と考えられていますが、常識の否定を文頭に置くことで「なぜそんなことができる?」と読み手の興味を引くことができます。

私がかつて提案したお弁当宅配サービスのキャッチコピーに「私たちが届けたいのはお弁当だけではありません。健康をつくることです」があります。

食材選びや調理に並々ならぬこだわりと情熱があり、食から健康を支えたい気持ちがあふれんばかりの企業でした。
単なる配食サービスと思われないよう、最初に「お弁当を届けているだけではない」とあえて加えることで、後半の「健康をつくる」を目立たせています。

キャッチコピーのつくり方②理由を言う

さきほどのパートで、会社紹介文では情熱も伝えるのが大切だとお伝えしました。
ここでの情熱とは、「なぜこの仕事をしているのか」「どんな社会をつくりたいのか」という、仕事をする理由です。

情熱とは「なぜこの仕事をしているのか」「どんな社会をつくりたいのか」

これもキャッチコピーに使える要素です。

私がかつて提案したある歯科技工所のキャッチコピーに「歯科医療の未来のために、歯科技工士のイメージを大幅に変える必要がある」があります。

「歯科技工士のイメージを大幅に変える必要がある」だけだと、一企業の考えにすぎないイメージですが、「歯科医療の未来のため」を加えて、業界全体を見据えていることを表現しました。

情熱とは「どんな社会をつくりたいのか」ですが、これもまさにそうです。

キャッチコピーのつくり方を2つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
キャッチコピーはゼロからカッコイイ言葉を創り出すようなイメージが持たれがちですが、実は準備していた素材の中から抜き出してちょっと手を加えれば基本的にOKです。

短い紹介文の書き方

次は、この部分の文章の書き方を解説します。
短い会社紹介文の書き方
ここも「誰に? 何を提供して? どんな結果を出せるか?」を整理して書けばほぼ埋まります。
さらに社会背景、社会の課題、一般論の否定の要素を絡めると、厚みが増します。

「社会背景」「社会の課題」「一般論の否定」

しつこいですが、先ほどの架空のIT企業の例をもとに例文をつくってみます。

誰に?
IT化を進めたいけれどコスト面で躊躇している中小企業に何を提供して?
直感的に操作できるシステムを手の届く価格で提供して、

どんな結果を出せるのか?
業務を効率化し、人手不足や採用難のなかでも業績が上がるようにする

例文
人手不足や採用難が続く中、IT化による業務効率化が成長のカギを握ります。
ところがIT化のコストは高く、中小企業にとっては大きな負担です。
その理由のひとつは、業界の多重下請け構造。
いくつもの業者がからむことで最終価格が跳ね上がり、大企業しか手が出ないという問題があります。
そこで当社は、中小企業と直接取引をするシステム開発会社として創業しました。
中間コストがかからないだけでなく、直に話すからこそ貴社に合わせて直感的に操作できるシステム開発が可能です。

 

多重下請け構造という社会の課題を絡めてみました。
社会の課題はお客様も問題視している可能性があるため、共感されやすくなります。

箇条書きパートの書き方

最後は箇条書きのパートです。

まずは「選ばれる理由」「当社の強み」「お客様へのお約束」など、何について詳しく伝えるかを決めます。

会社紹介文の箇条書きパートの書き方

事前に集めた素材の中から、以下の項目について取り上げると書きやすいです。

  • 実績
  • 設備
  • 仕事の哲学

ここでのポイントは、「それをやる(それがある)ことで、お客様にどんないいことがあるのか」を補足すること。
私が実際に作成したものを例に解説していきます。

建設関連の企業の事例です。
※実際のもとのは少し内容を変えています

都内最大級の展示場
展示場では100種類以上のサンプルをご覧いただけます。カタログではわからない色や質感を確認でき、イメージ通りに仕上げることができます。選び方がわからないときは、お気軽にご相談ください。ご要望をうかがい、最適な提案をいたします。

 

「都内最大級の展示場があり、100種類以上のサンプルがある」は優れた設備で、会社のアピールポイントになります。
これだけでも悪くはないです。

でももう一歩踏み込み、「では、お客様にどんないいことがあるのか?」とリアリングした結果、「カタログではわからない色や質感がわかり、イメージ通りの仕上がりになる」でした。

さらに相談できて提案してもらえることを載せて、単なるサンプル置き場でないことをさりげなくアピールしています。

ここのパートは、気を抜くとスペックの羅列になりがちです。
「それをやる(それがある)ことで、お客様にどんないいことがあるのか」と、自分の文章にツッコミを入れてみるといいと思います。

「お客様にどんないいことがあるのか」を文章で表現する方法を動画で紹介しています。

 

 

まとめ

長文におつき合いいただきありがとうございます。
会社紹介文を書くイメージがなんとなくつかめましたでしょうか。

ひとことでまとめれば、「自社の強みをお客様目線で書く」のが会社紹介文と言えます。

ここで紹介した方法は、基本中の基本です。
実際にコピーライターが作成する場合はもっと深掘りして情報を集め、お客様に合わせて載せる内容を取捨選択していきます。

会社紹介文作成サービスはこちらをご覧ください。

 

作成サービスの資料はこちらからダウンロードできます(メールアドレス等は不要です)

この記事を元にした動画講座。