MENU

コピーライターがお役に立てる3つの場面

1キャッチコピーが必要なとき

プロがつくるキャッチコピーは、単なる語呂が良いフレーズではありません。
競合を調べ、強みや差別化ポイントを見つけたうえで、集客やブランディングにつながる言葉をつくります。
サロン・教室・女性向けサービスを専門に、プチコンサル&強み・差別化ポイントレポート付きのキャッチコピー作成を行っています。

2長い文章が必要なとき

コピーライターと聞くと、短いキャッチコピーをつくっている印象があるかもしれません。
それも仕事の一部ですが、コピーライターの根本的な役割は、「スッと伝わり、行動したくなる文章」を書くこと。
もともと広告の世界で生まれた職業なので、売上や集客につながることを常に目指しています。

長短を問わず、ビジネスで必要な文章はおまかせください。

お役に立てる仕事の一例

  • ホームページの原稿
  • サービス紹介文、代表挨拶文、経営理念、採用ページの社員インタビュー、導入事例記事など

  • ランディングページの原稿
  • チラシ、パンフレット、名刺などの紙媒体の文章

3文章をチェックしてほしいとき

「自分のビジネスについては自分で書きたい」
「文章は書けるけれど、公開前にチェックしてほしい」

そんな方のために添削サービスを行っております。
誤字脱字や文法の訂正など、表面的な処理を行うだけではありません。
意味が通じるかだけでなく、筆者の「意図」が伝わるかをチェックし、望む結果が出るようにアドバイスいたします。

プロフィールはこちら

PAGE TOP