男性向け育児雑誌『FQ JAPAN』にて、公的な子育て支援策について記事を執筆しました。

ご要望・お悩み

一次情報にもとづき、公的な子育て支援の網羅的な記事がほしい。

制作意図

文部科学省、厚生労働省、内閣府の取材をアポイント取得から行いました。単なる制度紹介にならないように、「いつも親子で遊んでばかり。パパ友や子どもの友達をつくるには?」「共働きしたいけど、保活が心配……」など、Q&A方式にして、分かりやすくしています。

実際の取り組みを取材するために自分の子ども(当時3歳)と一緒に地元の子育て支援センターのイベントに参加し、一眼レフでの撮影や参加者へのインタビューも行いました。