ドイツの超マイナー観光スポット、Parsberg(パルスベルグ)

日本ではまったく知られていない、Parsberg(パルスベルグ)を訪問しました。
なぜこんなところに行ったかというと、乗り鉄の息子を電車に乗せるため。

最寄り駅から30分程度の中でいちばん大きい駅だったという理由で行き先に決めました。

こんな適当な動機で訪れましたが、予想外に素敵なところでした!

AgilisやREでアクセスします。

のどかな風景を眺めながら電車に乗り……。

Parsberg駅に到着。
有人の窓口もある、ある程度大きな駅です。


貨物列車やICE(ドイツ新幹線)が通過するので、電車好きにおすすめ。

市街地までは、徒歩で10~15分ほど。
Bergとは「山」の意味なので、上り坂がキツイ!

スーパーやドラッグストアもあります。

中心地についたら、博物館の看板に従って進みましょう。
山頂へたどり着きます。

石垣のうえに建物が!

ドイツに来てから、石造りに萌えるようになってしまいました(笑)。

山頂からの景色。

山頂のすぐ近くには公園があり、子どもを遊ばせられます。

博物館は、残念ながら営業時間外で入れず。
博物館の外に無料で使えるお手洗いがあります。

市街地はそこそこ栄えており、レストランやパン屋さんがいくつかありました。ホテルもあります。

市街地でお惣菜パンを買い、山頂で景色を眺めながら食べるのがおすすめですよ! 
ベンチがたくさんあります。

近隣にお住まいの方や、何度もドイツを訪問されていて「メジャーなスポットは飽きた」という方におすすめです。

パルスベルグのオフィシャルサイト(ドイツ語のみ)

ドイツ観光に関する記事
絶対がっかりするよ! ノイシュバンシュタイン城をおすすめしない4つの理由

「ザ・観光地」に辟易している方は、バンベルクへGO!

「地球の歩き方」にも載っていないドイツ小さな街、ショーンガウ(Schongau)がとても素敵

ブログやニュースレターを続けたい経営者・起業家のための
自分の考えを800字の記事に変える7日間文章講座  
「語彙力が足りない」「センスがない」と、文章を書くことをあきらめていませんか?
この無料メールマガジンでは、文章の書き方を論理的に解説し、頭の中を言語化する方法をお伝えします。
【1日目】文章が書けない原因の9割は……
【2日目】これが書ければ、文章の8割が完成!
【3日目】文章は「きっかけ」から書き始めよう
【4日目】文章の「見せ場」の書き方
【5日目】文章の締め方のパターン4つ
【6日目】読みたくなるタイトルのつけ方7つ
【7日目】文章の組み立て方
無料で文章の書き方を勉強する