ドイツでは抹茶がアツい!

ドイツでは、想像以上に日本食が定着しています。
豆腐はこんなだったけど……。

意外だったのは、抹茶や緑茶が人気なこと。
フードコートのピザ屋さんに緑茶があったくらい。「Tee(英語でteaの意)ください」と言ったら”Green tea?”と聞かれ、一瞬耳を疑いました。
緑茶があるならそれがいいなと思い注文したら、出てきたのがコレ。

日本で売っているティーパックと同じ味でした。

抹茶も人気で、旦那が会社の人にお土産にキットカットの抹茶味を渡したら「抹茶はドイツでとても人気があるの。抹茶のチョコレートなんて初めてだわ。とってもクールね!」とインターンの若い女性が大喜びしていたそう。

半信半疑でしたが、確かにオーガニック食品のスーパー、ALNATURA(アルナトゥーラ)には、抹茶や緑茶がずらり。

Matcha、Genmaicha Matcha、Kyoto Matcha、Sweet Matcha、Sencha Macha、Gyokuroなど若干ツッコミどころがありますが、かなり種類が豊富。

通販サイトにもたくさん掲載されています(ドイツ語のみ)。

http://www.alnatura-shop.de/g/category/NN1H2200/Gruen-Schwarztee.jsf?currentPage=2

さらに驚くべきことに、こんな商品も発見!

抹茶ラテ!

日本のコンビニとみまごう商品セレクト。
早速購入しました。

当然ストローを差すのかと思いきや、付属品は一切ナシ。
それどころかパッケージにミシン目が入っていて、あっという間にズル剥けに。
無残な姿になってしまいました。

で、でも大切なのは中身です。
いただきまーす。

ん!
美味しい!
日本で販売してもまったく違和感のないクオリティ。
豆腐のトラウマがあるから正直期待していなかったけれど、これはイケます。

ドイツで日本食が恋しくなったらぜひお試しください。

ブログやニュースレターを続けたい経営者・起業家のための
自分の考えを800字の記事に変える7日間文章講座  
「語彙力が足りない」「センスがない」と、文章を書くことをあきらめていませんか?
この無料メールマガジンでは、文章の書き方を論理的に解説し、頭の中を言語化する方法をお伝えします。
【1日目】文章が書けない原因の9割は……
【2日目】これが書ければ、文章の8割が完成!
【3日目】文章は「きっかけ」から書き始めよう
【4日目】文章の「見せ場」の書き方
【5日目】文章の締め方のパターン4つ
【6日目】読みたくなるタイトルのつけ方7つ
【7日目】文章の組み立て方
無料で文章の書き方を勉強する