恐怖! 幼稚園から始まる無意識の横並び教育

以前、息子が通っている幼稚園の方針を批判しました。

まとめると、「インターナショナルだ国際社会だの言っておきながら、島国根性丸出しの同調圧力をかけてくる幼稚園のやり方が腹立たしい」という内容です。

残念ながらその方針は、園児にも行き渡っているようです。
園のルールでゴキブリみたいな真っ黒な靴を履くことが強要されているのですが、息子には少し大きいためベージュの中敷きを入れてサイズを調整しています。
ところが今朝、「これ(中敷き)とりたい」と言いだしました。
理由を聞いてみると……。
「○○ちゃん(クラスメイト)が、みんなと同じ黒じゃないとかっこわるいって言うの」

心底ゾッとしました。
まだ3歳や4歳の子どもに「他の人と同じであることが良い」という価値観が形成されていることに。

こんなゴミみたいな思想に洗脳されたらたまらんと思い、慌ててこう説明しました。
「みんなと同じがかっこいいなんて、その考えがかっこわるい。もし●●(息子の名前)が黒のほうが好きなら、これ(中敷き)をとってもいいよ。でもかっこわるいって言われたからとるのは、ママは違うと思うな。好きなことを選んでいいんだよ。もしこれ(中敷き)がかっこわるいなんてしつこく言われたら、そんなの無視していいから。その考えがおかしいから。ドイツにいたときはみんな好きな靴や服着てたけど、なんの問題もなかったじゃん」

どこまで本人に伝わったかはわかりませんが、中敷きを入れたまま登園しました。
毎日制服を着て、似たような靴と靴下を履いて、幼稚園指定の教材を使っていると、無意識のうちに横並び意識が刷り込まれていくのでしょうか。

英語もプログラミングも、やらないよりはやったほうがいい。
でもその前に、自分と違う外見や考えを受け入れることが国際社会では必要です。
園や学校では期待できそうにないから、これは家庭でしっかり教育せねば!

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪