検定試験を受ける際の超・初歩的な注意点2つ

ドイツ語を集中して勉強するため、ブログもSNSもしばらくお休みしていました。
昨日、ドイツ語検定が終了したのでぼちぼち再開します!

注意点1:遅刻は大損

何かの検定試験を受けるなんて、7~8年前の簿記3級とファイナンシャルプランナー3級以来。そんな不慣れな状況なのに、なんと当日、遅刻。ちょっと家でゴタゴタがありまして。

試験会場は某大学の構内だったのですが、当日はドイツ語検定以外の試験も行われていました。あちこちに「試験会場はこちら」的な立て看板があるのでそちらについていくと、到着したのは日本語検定試験の会場。
いや、日本人だから……。

慌てて警備員さんに聞き、10分以上遅れて会場入り。
デスクの上に置かれた番号と受験番号を照らし合わせて席につき、問題を解き始めました。

注意点2:座る場所を要チェック

なんとか試験が終了してホッと一息ついていると、とんでもない事実が発覚!
デスクの上の番号と自分の受験番号が全然違う!
私の番号は34-001なのに、デスクの上には21-001の表記が。
下3桁だけ見てそこに座ってしまったようです。
もう遅い。
そのままシレッと試験官に解答用紙を渡し、何事もなかったかのように帰宅しました。
不合格だったら座席のせいにしよう。

ちなみに2018年4月頃から再度ドイツに滞在する予定なので、それに備えて勉強しています。2017年に滞在していたときの様子はこちらをどうぞ♪

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪