ここをチェック! 1年後の転職に向けてブラック企業を見分ける方法

「今すぐではないけれど、近い将来転職したい」
そんな方に向けて、長期戦でブラック企業を見分ける方法をお伝えします。

まずは転職サイトに登録し、気になる企業をどんどん検討中フォルダに入れましょう。
そして次が重要。
求人が再開したときにメールで知らせてもらえるように設定します。
ブラック企業のよくある特徴は、次々と人が辞めて年がら年中求人を出していること。
求人再開メールが何度も来たら、人が定着しないブラック企業である可能性が高いです。

この方法は、私の大失敗から生まれました。
せっかく入社した会社が、女性マネージャーの怒号と金切り声が一日中響き渡る最悪のところだったんです。
こんな奴と一緒に働けるかと思い、2ヶ月で見切りをつけました。
退職後もこの会社を検討中フォルダに入れっぱなしにしていたところ……。
来るわ来るわ、求人再開のお知らせ。

最初は無視していましたが、2~3ヶ月に一度は来るのでうっとうしくて削除しました。
あーあ。
事前にこの情報をキャッチしていればなあ。
「いつも求人しているようですが、辞めていく人が多いのですか? そうであればその理由を教えてください」って面接で聞けたのに。
人材は定着しても成長中で人手不足の企業もあるため、しょっちゅう求人=ブラック企業とは限らないですからね。

ただ、実際にブラック企業であったとしても、自分の性格やスキルに合っていたら問題ありません。
私もブラックと言われる大手消費者金融に勤めていました。
当然、ネット上の評判はひどいもの。
でも私のいた部署はノルマも残業もなく、人間関係も良好。福利厚生も充実して居心地がよく、気づけば5年6ヶ月も勤務していました。
ここで学んだマナーや心構えは今でも役立っています。

大切なのはネット上の情報だけで判断せず、志望企業に話を直接聞くこと。
しょっちゅう求人している企業であれば、面接のときに必ず理由を質問してみましょう。
入社を決める判断材料のひとつになります。
もし言葉を濁したり聞き流そうとしたら、相当な高い確率でクロです。

※2014年に作成した旧ブログ記事を加筆・修正したものです

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪