仕事をするうえでの心構えや常に実践していることをまとめました。

1.反響のないコピーはただのポエム

名コピーの型を真似れば、それっぽいものはすぐにつくれます。
でも、ビジネスにつながるかどうかは別問題。
「コピーを通じて何を実現したいのか」をヒアリングし、結果を出すための言葉を提案します。

2.人物取材記事はストーリー性が命

「実物より良く書いていただいて恐縮です」
取材を受けた方からこんな言葉をいただくことが多いのです。でも、誇張して書いているわけではありません。取材でご本人も気づいていない魅力・強みを見つけ、ストーリー性を重視した記事構成にしているからです。

3.取材のクオリティは事前準備で9割決まる

ホームページやブログでの情報収集は基本中の基本。メディアで取り上げられた記事や書籍などもチェックします。情報がない場合は同業者や類似商品について調査。業界や商品について理解を深めたうえで、文章・コピーの完成イメージから逆算して取材でのヒアリング項目を作成していきます。こうすることで密度の濃い効果的な取材をすることができます。

お問い合わせ 実績