10代後半以上のお子さんがいるママにやってほしいたった1つのこと

先輩ママには、「子どもが大きくなっても子育ては楽しいよ」というメッセージを発信してほしい!
先日、こんな素敵な記事を読みました。

成長しても一緒に遊べる。子育てはこんなにも楽しい。

留学されているそうなので、娘さんの年齢はおそらく20歳前後。
一般的には、もうかわいげないという印象かもしれません。
でもこの文章からは、お嬢さんと一緒にいるのが楽しくて仕方ないという印象を受けました。まるで、乳幼児のママが子どもを見つめるように。

子どもの年齢相応の楽しさやかわいさがある

お嬢さんが留学先から一時帰国されているそうですが、アメリカの友人と英語でスカイプしているのを聞き「こんな日が来るとは最近まで想像もつかなかった」と書かれています。

なんだか泣けてきます。
今は日本語すらままならないわが家の3歳児が、英語でペラペラ話すくらい成長したらと想像すると……。

よく言われますよね。「子どもがかわいいいのは今だけだ」とか、「今のうちに子育てを楽しんでおけ」とか。
そうはいっても、楽しいことばかりじゃありません。

夜も寝られない、トイレもお風呂もゆっくり入れない、道端でひっくり返って泣き叫ばれる、子どもが出しっぱなしにしたおもちゃを踏んづけて超痛い、レシピとにらめっこして作った料理を全残し、手にウンチがつく……。

本当はつらいしイヤなこともいっぱい。
でも子どもがかわいいのは今だけ。
楽しまなきゃ。
楽しまなきゃ。
でも、楽しめない。
ああ、なんてダメな親なんだろう……。
きっと将来、「もっと楽しめばよかった」と後悔する……。

こんなに必死に楽しもうとするのは、「子どもが成長したら楽しみがない」と思ってしまうから。
「今がいちばんいいとき」と人から言われ、自分でもそう思っているから。

でもさきほどの記事を読んで、子どもが成長したら別の楽しみがあるんだと気づけました。
ある意味、乳幼児を見ているよりよっぽどおもしろい。本人の生き方次第で結果はガラッと変わるのだから。

寝返りやつかまり立ちなんか、結果ミエミエだし(笑)。

乳幼児ママが知りたいのは、「この先、どんな楽しいことがあるか」。お説教や懺悔はいりません!

乳幼児のママが「これから先は楽しみがない」と思いこむのは、社会に出る学生の不安に似ているかもしれません。
私も大学生のとき、「休みも少ないし朝から晩まで仕事なんてイヤ!」と思っていました。

確かにその通りでしたが、自立する喜びや仕事のやりがいという、社会人ならでは楽しみを発見。さらに、好きな人と家族になる、新しい家族を生み育てるという学生では絶対できない経験もしています。

学生時代は確かに楽しかったけれど、今の楽しさはまったくの別物。
子どもが乳幼児のときの楽しさと成長してからの楽しさも、質が違うはずです。

今の楽しみがなくなっても、将来は別の楽しみがある。
それがわかれば、乳幼児の育児を楽しめない自分を無駄に責めなくても済むのではないでしょうか。

先輩ママには、「子どもはいくつになってもかわいい」ということを教えてほしいと思います。
あ、でもマザコン息子とのラブラブ話とかはやめてくださいな(笑)。
 
 

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪