誰か批判されても落ち込む必要がない理由とは?

ある人の批判は、たくさんある考え方のひとつに過ぎないから。
それが世の中の絶対的な真理ではありません。

こんなことを思ったきっかけは、不要になった家具の見積もり依頼です。
10カ所くらいに査定をお願いしたのですが、まあ見事なまでに金額がバラバラ!
「うちでは取扱いがありません」「無料で引き取ります」という、つれない回答もあれば「5000円~1万5000円」「2万円」など高い金額をつけてくれるところも。

ある人にとってはガラクタであっても、ある人にとっては宝。
人によって評価する基準は違うということです。

仕事も同じ。
たとえ誰かに酷評されても、評価してくれる人がきっといるはずです。
私は複数のクライアントと取引がありますが、毎月のように発注があるところもあれば、一度っきりで終了してしまうところも。
正直なところ、二度目がないとちょっと凹みます。
ああ、私の仕事に満足してもらえなかったんだなって。

もちろん、私の実力不足が最大の要因でしょう。
でももしかしたら文章のテイストが合わなかったのかもしれないし、性格が気に入らなかったのかもしれない。
だから必要以上に気にせず、長年つきあいのある取引先を思い出し「私を重宝してくれる人もいる!」と気持ちを切り替えています。

もしかしたらあなたは今、目の前の人に批判されて落ち込んでいるかもしれません。
でもそれは、考え方のごく一部。
振り返ってみると、熱烈なファンがいるかもしれませんよ!

あ、でも。
何の努力もしないで「誰かが私の魅力を見つけてくれるはず!」という考えだったら話は別ですよ。少なくとも私は評価しません(笑)。

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪