病児ベビーシッターを契約する意外なメリットとは?

当日オーダーでも100%対応してくれるベビーシッターサービスを契約しました。
毎月1万円近い出費は安くないけれど、仕事に穴を空けないための保険です。
おかげで安心して仕事を受けられるようになったのですが、もうひとつ意外なメリットが。
それは、「子どもの体調不良を純粋に心配できるようになった」です。

今日(水曜日)は、打ち合わせが2件ありました。
でも月曜日の朝、子どもの体温は38度オーバー! 昼過ぎには39度超え!
当然保育園はお休みし、家で過ごしました。

こんなとき、以前なら一番の心配事は「水曜日の打ち合わせどうしよう……。それまでに治るかな。とりあえず病児保育室を確保せねば!」。

近隣に病児保育室が3つありますが、前日までに確保できるほうがまれ。
空きが出るのはたいてい当日の朝です。
今まで運よく毎回利用できていましたが、それまでのヤキモキ感と言ったら!
ソワソワイライラし、子どもに話しかけられても上の空のことも……。

子どもが一番大切なのに、つい仕事のことばかり考えてしまう。
“働くママあるある”かもしれませんが、罪悪感でいっぱいですよね。

でも病児ベビーシッターがいると「治らなかったら当日来てもらえればいっかー」と思え、子どもに神経を向けられる!
なんてスバラシイ!

フリーランスのみなさん、検討してはいかがでしょうか?
ちなみに私が契約したのは病児保育も取り扱っているルアンジュというところ。
http://www.leange.co.jp/

先日一度来ていただきましたが、7年くらいルアンジュでベビーシッターを続けているというベテランの中年女性が担当してくださり、息子はすっかりなついてニコニコでした。

関連記事
子どもが風邪を引いた瞬間、ママフリーランスの自由は吹き飛ぶ
 
 

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪