雑誌でいちばん読まれるページは、編集後記だと言われています。
コンテンツをつくっているのは人。
「どんな人が書いているのか」が気になるものです。
書籍を選ぶ際も著者のプロフィールに目を通し、購入するかどうかの判断材料にしているのではないでしょうか。

この行動は、消費者があなたのサービスを選ぶときと同じです。
どのような経歴を持ち、何を考えてビジネスをしているのか。
これがクリアになると、興味を持つお客様はグッと増えます。

そこで重要になるのがプロフィールや活動理念ですが、自分のことを客観的に判断して文章にまとめるのは意外と難しいものです。

そんなときはライターにご相談ください!

取材を通じてお話いただくだけで、プロフィールや活動理念を作成いたします。
取材を受けた方の多くは「実物よりよく書かれている!」とおっしゃいますが、話を盛っているわけではありません。
ご本人も気づかない魅力や強みを見つけ、言語化しているのです。

ライターに依頼すると聞くと、雑誌や企業が運営するメディアを思い浮かべるのではないでしょうか。
でも実は、フリーランス・個人事業主にとってもライターは“便利な”存在です。

文章を書くのは時間も労力もかかるもの。
ライターという職業が成立するくらいですからね。
そこを外注すれば本業に注力する余力が生まれ、さらにプロによる文章で集客につながるというメリットがあります。

「取材なんて緊張する」という方もご安心ください。
お客様からは「話しやすくてついしゃべりすぎちゃった」「いい質問をしてきますね」「話しているうちに思考が整理されてきました」などのお言葉をいただいています。
私は元・コールセンタースタッフで、気持ちよくお話していただくことを信念として、延べ数千人のお客様の対応をしてきました。
この経験は、ライターとなった今でも活かされています。

働き方改革が注目を浴びていますが、フリーランス・個人事業主は働き方を自分で決められるのが最大のメリットです。
集客や収入が安定しないという唯一の不安要素を文章で解決し、会社に縛られずに生きていく方を応援していく。
これが、私ができる働き方改革だと考えています。

※詳しいメニューや料金は準備中です。