更新頻度が月に10回から20回にアップ! お仕事ブログの記事の書き方~完璧主義をやめてみよう~

先日、やっと当ブログの記事が100になりました。
今は月20回ほど更新していますが、最初の頃はだいたい月10回。
少ないときは1回でした。

ここ2ヶ月ほどでやっと更新が習慣化してきたので、そのコツをお伝えしたいと思います。

ブログの書き方1:「自分はSEOに向いていない」と気づいたら、まずは思うがままに書いてみる

このブログを立ち上げる際、ウェブマーケティングのプロにお手伝いをしていただきました。
当然SEO対策についても教えていただき、プロの技に目からウロコがボロボロ。
でも自分がやってみると、これが難しい、というかめんどくさい!

そんなに難易度が高いことじゃないのに、IT偏差値30の私にとっては大変です。
検索されやすいキーワードを使ったほうがいいのはわかっているけれど、紙媒体を中心に書いていた私にはいまいちなじまない。
「アイキャッチ画像をフリー素材から探して掲載したほうがいい」とアドバイスをされても、私はリアル世界の探し物もバーチャル世界の検索も苦手。

そんな葛藤をしているうちに、ブログを書くこと自体が嫌になってしまいました。

でもある日、「SEO対策が完璧じゃなくても、何も書いてないよりマシだろ」と開き直り、キーワードについて何も考えずにばーっと書くことに。
アイキャッチ画像も探すのはあきらめ、代わりに簡単なコピーをパワポに書いてJPEGに変換したものを掲載しています。

とりあえず週休2日で更新を目指して続けていたところ、1ヶ月を過ぎたあたりから「ブログを書かないと落ち着かない」という感覚に。
それにともない、SEO対策をやる余裕も出てきました。

SEO対策はめんどうだけど、絶対にやったほうがいい。
キーワードを意識して書いたこの記事は、「保育園 3歳から入りやすい」「保育園 何歳から 入りやすい」で検索すると、グーグルで1ページ目の上位に表示されます。

ちなみに「3歳の壁」で検索すると、この記事を元に書いた他サイトでの記事が同じく1ページ目の上位にヒットします。

これから書く記事はキーワードを意識しますし、過去記事も少しずつリライトしていく予定です。

ブログの書き方2:「自分はテーマを絞るのに向いていない」と気づいたら、まずは何でもいいから書く

日記ブログならともかく、お仕事ブログであればお客さん像を定め、その人に向けてメッセージを発信するのがベストです。
でもターゲットが定まらない場合は、とりあえず手あたり次第興味があることを書き連ねるのもひとつの方法。
いろいろ書くうちに、興味があること、ないことがハッキリしてくるからです。

私は以前、ママライターを標榜していたこともあり、育児ネタを意識的に書いていました。
でもだんだん、実は書いていてあまり面白くないことが判明。
テーマを絞らず書いているうちに、私は育児そのものではなく、育児と仕事の兼ね合いをどうつけるか、女性の働き方・生き方をどうするか、というテーマに関心があることがぼんやりと見えてきたんです。

今はこちらの方向に舵を切っていますが、これも変わるかもしれません。
なぜなら「書くことは考えること」だから。
書くうちに思考が整理され、どんどん新しいアイディアも浮かんできます。

「テーマが絞れない」「誰に向けて書けばいいのかわからない」とパソコンの前でウンウンうなっている時間があれば、まずは書きたいことを書いてみることをおすすめします。

凡人は、策略の前に習慣化を

お気づきでしょうか?
SEO対策もテーマの選定も、お仕事ブログには絶対に必要とされていることです。
ストイックな方なら忠実に実行し、短期間で成果を出せるでしょう。
でも私のような凡人は、まずはブログを書くことを生活に組み込むことが先です。

SEO対策やテーマの設定は、更新しながらのんびりやればいい。
最初から完璧を目指して挫折するくらいなら、低レベルで持続したほうがマシ。

当然、反響が出るまでに時間はかかりますが、それは凡人の宿命です。
まずはできる範囲でやっていく。
それを積み重ね、少しずつレベルアップしていけばいいと考えています。

ちなみにこんなテキトーなブログですが、仕事の問い合わせは5回ほど来ています。
やっぱり、低レベルでもブログは続けておくといいですよ!

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪