安定とは、不安定な社会を生き抜く力を持つこと。大企業に勤めることじゃない

身内が転職活動中ということもあり、いつにも増して働くことや仕事選びについて考える機会が多い今日この頃。

先日も、ニコンが1000人の人員削減を発表しました。
※これについては、後日ニコンが「事実ではない」と公式サイトで否定しています
http://www.nikon.co.jp/news/2016/1108.htm

その他、シャープ、東芝の例を出すまでもなく、「大企業=安定」の時代は終わったことは明らかです。

でもまだまだ大企業志向が強いのは事実。
先日、子どもがいるから転職を諦める? 子ども的には超迷惑です!で“嫁ブロック”(妻が夫の転職に反対すること)について触れましたが、転職エージェントから聞いたところによると“嫁の実家ブロック”もあるのだとか。
妻の両親が「大企業を辞めるなんて」「そんな聞いたことのない会社に就職するなんてありえない」と反対するケース少なくないそう。

言いなりになる夫もどうかと思いますが、ここでは “いつまで大企業が安心とか信じてるんだ問題”について考えたいと思います。

かつて勤めた5社のうち、3社が「縮小」「統合」「消滅」

大企業の信者は、いくら「ニコンが人員削減を始める」「シャープが買収された」と聞いても、超スーパーレアケースだとしか思わないのでしょう。大地震がいつ来てもおかしくないとどれだけ騒がれても、自分の身には降りかからないと信じているように。

私の場合、過去の経験から企業の永続性や安定性を全く信じていません。
なぜならかつて勤務した5社のうち、3社が縮小、統合、消滅しているから。

それもすべて、一部上場、もしくはそれの子会社、世界展開をする銀行と、かなりの規模のところばかりです。1社ずつみていきましょうか。

  1. 消費者金融のアイフル
  2. 新卒で入社した2001年は、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。でも2006年に金融庁から業務停止命令を食らい、それを機に業界自体がズタボロに。当然、収益もダダ下がりです。
    私はすぐに退職しましたが、数年後に大規模なリストラがあったそう。私が勤務していた関東のカスタマーサービスセンターは関西に統合され、残っていた同僚たちもリストラ対象になりました。全員が正社員だったのに、です。私も正社員でしたが、雇用形態がなんだろうが失職するときは失職するもんです。

  3. 川崎汽船の子会社
  4. 川崎汽船、商船三井、日本郵政の3社が定期コンテナ船事業を統合し、新会社を立ち上げるようです。
    http://www.sankei.com/economy/news/161031/ecn1610310008-n1.html
    私はまさに、川崎汽船の子会社でコンテナ船の貿易事務の仕事をしていました。他の2社にも、同様の仕事をしている人がいるはずです。3社が1社になったとき、3社分の人員が必要? 普通に考えたら要らないですよね。もし仕事を続けていたら、リストラ対象になっていたかもしれません。

  5. 欧州の大手銀行の日本支店
  6. 世界中に支店を持つ欧州系の銀行の日本支店に勤務していました。ところが、担当していたプロジェクトの中止に伴いリストラ。さらに数か月後には日本から撤退し、勤務先はもう跡形もありません。

さらに言えば、派遣で働いていたところもオフィスが遠方に移転するため退職しました。
かつて勤務した5社のうち、無傷で当時の場所で営業しているのは1社だけです。

最後に頼れるのは、自分と自分のスキルだけ

当時は仕事運の無さを嘆きましたが、今となれば貴重な経験。おかげで「社会も会社も不安定なもの。自分のスキルを磨き続けるしかない」「正社員だろうが大手企業だろうが、絶対的な安定なんて存在しない」と身をもって理解できましたから。正社員としてライターをやっていたときも、常に社外でも生きていけるスキルを盗みまくる気満々でした。

右肩上がりの経済はとっくに終焉しています。かつてのように、就職すれば一生安泰なんてことはありません。自分の意思に反して仕事や会社がなくなることも十分考えられます。
安定をつかむ唯一の方法は、いつでもどこでも食っていける力を身につけること。社内や内輪だけで通用するスキルに満足していたら、組織という箱がなくなった瞬間に無力に……。
リストラされたオジサンが他社の面接で「何ができますか?」と聞かれて「部長ができます」と答えたという都市伝説がありますが、実はよくある話なのかもしれません。

私はキャリア関係のライティングを得意としていますが、この仕事をしている理由のひとつは「会社に頼りきったら危険!」というメッセージを伝えたいからです。
仕事を失い続けた過去を、不幸ととらえるか次のステップへの肥やしにするか。
せっかくのレアな経験ですから、しっかり活かして社会に還元していきたいと思います!

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪