子どもがいるから転職を諦める? 子ども的には超迷惑です!

今、旦那が転職活動をしています。
私は全力でバックアップ中、と言えば聞こえはいいですが、完全に放置。
何を聞かれても基本的に「好きにすれば?」「任せるよ」しか言いません。

でも、周囲からは「転職なんて、奥さんが反対するのでは?」と心配されることが多いそう。
特に転職エージェントは“嫁ブロック”(妻の鶴の一声で転職がご破算になること)を恐れています。

う~ん。
私は配偶者の転職に反対する気持ちがさっぱりわからない。
そりゃ、明らかな現実逃避だったり、莫大な借金から始まる起業だったり、アテもないのに芸人を目指すだったりしたら反対します。
でも旦那の場合、転職理由は至極まっとう。
新しい仕事にチャレンジしたい気持ちに反対する理由なんてなんもありません。
万が一この転職に失敗したって、また転職すればいいだけなんだし。

でも周囲には、扶養家族がいるのに転職をするのはハイリスクと思われている様子。
確かに、わが家はこれからお金がかかる3歳児を抱えています。ずっと今の職場にいれば、倒産しない限り毎月数十万のお給料が振り込まれるでしょう。

でも私が一番嫌なのは、「家族のために」とイヤイヤ働く旦那の姿をずっと見続けること。誰かの犠牲の上に生活が成り立つなんてありえない。「家族のために我慢する」は、視点を変えれば「家族のせいで自由を奪われる」ということですから。

自分が小学生だとイメージしてください。
つまらない仕事で疲れ果てて覇気のないお父さんに「家族のために働いているんだ」と言われたらどうでしょう? 「自分のせいでお父さんは苦しんでいる」と責任を感じませんか? 
息子にそんな気持ちになってほしくないんです。

私は息子に過大な期待はしていません。
でもただひとつ、「好きなこと、楽しいことを仕事にできる社会人になってほしい」と願っています。
そのためには、親が楽しく働く姿を見せるのがいちばん。
英語教室よりも塾よりも、親が見本となるのが一番のキャリア教育です!

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪