原稿料0円!? タダ同然でプロライターの仕事させるハイエナ制作会社を見た!

以前別のブログを運営していたとき、わりと有名なママ向けサイトの編集部から問い合わせが来ました。
内容は、「当サイトのライターは、プロ意識もクオリティもイマイチです。ぜひ、あなたのようなプロフェッショナルに記事を書いていただきたい!」と、かなり持ち上げ気味。

まあ悪い気はしないので仕事の詳細を読んだのですが、即、却下。

こんな条件で、プロのライターが書くか!

仕事はプロで、ギャラはアマ? 虫が良すぎだって!

とにかく条件、つまり原稿料がひどかった。
かなり低い。
厳密に言うと0円。
PV数に応じてポイントが貯まり、一定数に達すると現金と交換できる仕組みでした。

ポイント制ってなんだよ!
ヤマザキ春のパンまつりか!

こういうシステム自体は否定をしません。
お小遣い稼ぎのつもりではじめたところ、意外とセンスがあることに気づいてプロを目指すきっかけになった……、という人もいるはずです。

腹が立つのは、「プロの仕事をしてほしいけど、プロの料金は払いません」という魂胆です。
いっそのこと、「クオリティなんてどーでもいいから、1文字0.5円でじゃんじゃん書いてよ!」と言われたほうが、よっぽどスジが通っています。

そういえば、クリエイターの商談の場である『クリエイターEXPO』にも、1記事数百円から千円くらいで書いてくれないかと言ってくる業者がいるのだとか。
常識的に考えて、10万円も出展料を払っているライターがそんな仕事を受けるわけがありません。
依頼する側の感覚が完全に麻痺しています。

どんなに仕事がなくても、アマの料金では受けない

クラウドソーシングなどの激安案件の影響で、市場価格が崩壊したと言われています。
でも参入障壁が低くなったことは、ライター志望者にとっては好ましいこと。まずは1円でも稼いで仕事の実績を作るのがなにより大切ですから。
私も、初仕事は1000字で300円でした。

問題なのは、スキルがある人も激安価格で受けてしまうことです。
依頼する側も「こんな安いギャラでこんないい原稿書いてくれる人がいるんだ」と味をしめてしまいます。
先日一緒に仕事をしたフォトグラファーさんも、とあるフリーペーパー制作会社から「1回の撮影で4千円」と提案され、即、断ったそう。
その方も、「そういう値段で受けちゃうプロがいるから困るんだよね~」と言っていました。

仕事がなくて焦る気持ちもわかります。
私もフリーランス1年目は、仕事がないのが怖くて怖くて手あたり次第受けていました。
でも結局つまらない仕事で筆が進まず、時給換算したらコンビニバイト以下という結果に……。

実は今、とってもヒマです。
でも過去の教訓を活かし、やみくもに仕事を受けることはしていません。
そのかわり、ホームページやセルフマガジン(事業や私自身の紹介冊子)などの営業ツールをつくっているところです。

確かに、1記事500円でも書いたほうがお金になります。
でも目先の小銭に惑わされず、仕事がないときは「新しい仕事を得るための準備期間」と前向きに捉えればよいのではないでしょうか。

先日、ホームページのURLを添えて複数の制作会社にメールを送ったところ、数社と一度お会いすることになりました。
仕事につながるかどうかはわかりませんが、少しでも興味を持っていただけただけでも一歩前進です。

とってもヒマと書きましたが、今週後半から忙しくなります。
何事も、メリハリが大切です!(と言って仕事がない状態を正当化する)

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪