マイクロソフト社のダメ対応から学ぶ、フリーランスがホームページを作成するときの注意点

昨日は、パワーポイント購入のせいでかなりの時間を無駄にしました。
だって、こんなオソロシイ注意書きがあるんだもん!

ユーザーアンフレンドリーにもほどがある!マイクロソフト社のホームページ

Office 2016 をインストールすると Office 2013 がアンインストール (削除) される事象が一部のシナリオで発生することを確認しております(中略)すなわち、Office 2013 製品を C2R でインストールした PC に、Office 2016 製品を新たに C2R でインストールする場合、インストールされているすべての Office 2013 製品がアンインストールされます。
(中略)
Office 2013 がインストールされた PC に、新たに単体製品を追加インストールしたい場合は、Office 2016 単体製品をご購入いただき、指定の手続きで、同一製品の 2013 バージョンを無償で取得いただけます。

つまり、オフィス2013の入っているPCにパワーポイント2016をインストールすると、オフィス2013が使えなくなるということ。
オフィス2013ユーザーの私にとってはゆゆしき問題です。ワードが消えたら仕事にならん!

小心者でIT偏差値30の私をビビらせたのは、この部分。

Office 2013 がインストールされた PC に、新たに単体製品を追加インストールしたい場合は、Office 2016 単体製品をご購入いただき、指定の手続きで、同一製品の 2013 バージョンを無償で取得いただけます。

指定の手続きって何?
難しいの?
ポカしたら、ワード消えちゃうの?

不安すぎて購入できず、チャットで相談しました。
すると答えはシンプルで、「購入後にサポートセンターに電話をしてくれれば、パワーポイント2013のプロダクトキーを教える」とのこと。
だったら、そう書いておいてくれよ……、とぼやきつつ購入ボタンをポチリ。
サポートセンターに問い合わせると、オペレーターが遠隔操作でインストールまでやってくれました。

インストールまで代行してくれたのはありがたいけど、それ以外は全部不親切!
「指定の手続き」じゃなくて「購入後にはサポートセンターまでお電話ください」とでも書いてくれれば、チャットで問い合わせる手間が省けたし。
しかも、購入後の画面には「オフィス2013が消える可能性がある」という注意書きもなく、普通にインストールボタンが配置されていました。

気づかないで泣きを見た人、多いんじゃないでしょうか。

弱小フリーランスこそ、ホームページの情報が命

こんなユーザーをなめた会社から製品を購入するのは、パワーポイントはここでしか買えないから。逆に、ここまで独自性のある製品をもっていれば、殿様商売も許されるのかもしれませんね。

でもフリーランスはそうはいきません。
ごく一部の売れっ子を除き、代わりはいくらでもいます。
仮に私に興味を持ってホームページを見てくれた人がいても、求めている情報がなければ、わざわざ問い合わせなんてしないですぐに他に行ってしまうでしょう。マイクロソフト社のように扱ってもらえるわけがありません。

私のような弱小フリーランスは、相手が望む情報は何なのかを考え、リサーチし、常にアップデートしなければ!
ホームページは、「24時間稼働してくれる営業マン」と誰かが言っていました。
優秀な営業マンに着々と育てていこうと思います。

足りない情報など、お気づきの点がありましたらぜひ教えてください!

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪