ベビーシッターの『キッズライン』をおすすめする3つの理由

昨日、初めてキッズライン経由でベビーシッターさんにお願いしました。
11時30分から16時までの4時間半です。
結論から言うと、かなりおすすめ!
その理由をお伝えします。
↓キッズライン

1:年会費や登録料が不要

登録しておけば、すぐにシッターさんを検索できます。
依頼しない限り1円もお金がかからないので、緊急時に備えてとりあえず登録だけでもしておくことをおすすめします。
私も1年以上前に登録しておき、やっと昨日、日の目を見ました。

2:条件の合うシッターさんを自分で探せる

私は病児保育専門のベビーシッターサービスを利用しています。
本部に手配を依頼すると、後ほど「こんなシッターがうかがいます」と連絡をくれるシステム。自分で選ぶことはできません。

一方キッズラインは、プロフィールや住んでいるエリアからシッターさんを探すことができます。
以前問題になった個人のシッターではなく、ちゃんと運営会社の審査をパスしている方々だから安心。保険ももちろん加入しています。

費用はシッターさんによりけりで、1時間1000円の人もいれば3000円以上の人も。
乳幼児のお世話だけでなく、小学生の勉強やピアノや英語の指導といった家庭教師をしてくれる方も登録されています。

ちなみに私が依頼したのは、幼稚園教諭と保育士の免許を持っている20代の女性。1時間1800円ですが、日曜だったのでプラス500円で2300円でした(すべてのシッターさんが追加料金を設定しているわけではありません)。
プロに安心して任せられることを考えれば適性価格だと思います。

3:直前の依頼もOK

以前息子を通わせていた保育園では、ベビーシッターの派遣サービスでも行っていました。ところが利用しようと思ったところ、「一週間前までにお申し込みください」とのこと。緊急時には使い物になりませんでした。
キッズラインは、前日や当日の依頼もできます。私は前日に依頼しました。

ただしシッターさんとの直接メッセージのやりとりになるので、すぐに返信がもらえないことがあります。このあたりは、本部が依頼を一括管理しているシッター会社のほうが確実かもしれませんね。

息子(3)の反応は……

息子は大喜び!
もともと人懐っこい性格なので、「新しい先生がおうちに来るよ~」と言っておいたら、前日からソワソワ。
シッティング開始直後から先生にまとわりつき、私と夫が出かけるときは「いってらっしゃーい」とノリノリで送り出してくれました。

終了時間の10分前に帰宅したら、ちょうどチラシでつくった紙飛行機で遊んでもらっているところ。私を見て「(先生)帰っちゃうの?」と心配そうに聞いてきました。

先生が返った後は何度も「○○先生また呼んで!」と大人の財布事情をガン無視してアピール。また機会があればお願いしようと思います。

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪