ドイツの幼稚園で子どもがいじめに? 園の対応は?

息子(4)をドイツの幼稚園に通わせています。
ドイツ語が満足にできないうえにクラス唯一のアジア人という超アウェーな環境にも関わらず、むしろ日本の幼稚園より楽しそうです。

ところがある日、「幼稚園に行きたくない!」と、全力で登園拒否。
理由を聞くと、L君という男の子が叩いたりせっかく作ったパズルを壊したりするのが嫌だと。

これは、もしやいじめ?

心配になり、即、先生に相談。
すると、こんな回答がかえってきました。

「実はL君は他の子にも暴力を振るっていて、クラスでも問題になっています。今度、ご両親を呼んで話し合いをする予定です」
これを聞いて、いろんな意味で安心しました。

まず、息子がいじめの標的になっているわけではないということ。
幼稚園で組織的ないじめはほとんどないでしょうが、外見や言葉の違いから来る人種差別的な扱いがあるのではないかと心配していました。

さらに、息子がいじめる側ではないとわかったこと。
先に息子が暴力を振るい、反撃されている可能性もあったからです。
言葉が通じない環境でストレスを感じ、他の子を叩くことで解消していたらどうしようかと思っていましたが、杞憂に終わりました。

そしてなにより、園が問題を把握し、解決に向けて動いていると教えてもらったこと。
悪意ある表現を使えば「L君は問題児だから、両親を園に呼び出します」ということですよね。日本でこんなことを他の保護者に伝えたら、大問題に発展するのではないでしょうか。
両親を呼び出すことを隠し、「職員がしっかり見ておきますので」くらいの表現でお茶を濁すと思います。

先日ちょうど、フランス流「いじめ行為をなくす」方法という記事を目にしました。

フランス在住で現地校にお子さんを通わせているライター・髙崎順子さんによる記事です。
詳細は読んでいただければわかりますが、髙崎さんのお子さんが幼稚園児だったとき、クラスメイトを叩いて被害者の保護者から苦情がきてしまったそう。
私のケースでいうと、L君のお母さんの立場だったわけです。
園に両親揃って呼び出されて色々とヒアリングをされた後、なんと小児精神科を受診するように言われたとのこと。
その理由は、「子どもが暴力的になるには必ず理由がある」。
確かに髙崎さんも下の子が生まれたばかりだった上にご主人の繁忙期が重なり、思い当たる節があったそうです。
アドバイス通り外部機関の支援を受けた結果、暴力的な行為は落ち着きました。

日本だったら、「子どもを精神異常者あつかいされた!」と感情的なクレームに発展するのではないでしょうか。
園側にも外部の専門家を頼るという発想はなく、「愛情不足だと思うので、お母さんが仕事を辞めたらどうですか」など、根拠のないアドバイスをすると思います。

L君の保護者と園がどんな話をしたのかはわかりません。
でも、問題に正面から向き合う姿勢はフランスと共通点があると感じました。

報道を見ている限り、日本ではいじめを軽く捉えていると思います。
「子どもがやることだから仕方ない」「成長過程のひとつ」などと都合よく解釈せず、外部の力も借りながらロジカルに解決していく姿勢が大切です。
園や学校側の取り組みはもちろん、保護者側にも「うちの子に限っていじめるわけがない!」などと感情的にならない冷静さが必要ではないでしょうか。