セミナーの集客が上手くいかずにやる気がでない? だったら辞めてください

集客が上手くいかず、いつも一人か二人しか集まらなくてやる気が出ません

こんな相談をネット上で見ました。

私だったらこう答えます。

お客さんの人数でやる気にムラが出るなら、客商売なんて辞めてしまえ!

私は集客のプロでもなんでもありませんが、逆にお客さんに近い目線で物事を考えることができます。

自分がセミナーを受ける側だと仮定してください。
「たった一人しか来てないのか。やる気が出ないな」と考える講師と、「マンツーマンだからじっくり話せる。今日のお客さんはラッキーだ」と考える講師の、どっちのセミナーを受けたいでしょうか?

このセミナーの定員が20名だとしたら、前者の講師にとって目の前のお客さんは「20分の1」でしかありません。
でも受講者からしたら、定員なんて関係ないですよね。
お客さんは常に1分の1です。

1人しかいなかろうと、立ち見が出る大盛況であろうと。

ネットを検索すると、「集客力アップ」「集客コンサルタント」「効率的な集客方法とは」などの集客ビジネスが盛んですが、私は「集客」という言葉自体が嫌いです。
「客が集まる」って、明らかに主催者視点じゃないですか。

「みんな、今日は僕のために集まってくれてありがとう!」みたいな。

ごく一部のカリスマ講師を除けば、お客さんは講師に集まるのではなく学びに「行く」のです。
主催者側から見れば「来る」ですね。

集客ができないと悩んでいる方は、一度「集客」から「来客」と思考を変えてみてはいかがでしょうか。
ほんの少しの言葉の違いですが、「お客さんは常に1分の1」という気持ちが湧いてくるかもしれません。

↓6年以上のカスタマーサービスの経験をもとに書いた、集客に関する過去記事↓

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪