文章版“赤ペン先生”

ライターになりたての頃、書く原稿は例外なく真っ赤に添削されていました。上司の指摘通りに修正すると、内容は変わっていないのに読みやすさやわかりやすさが何倍にも跳ね上がり、文章の奥の深さに感動したものです。
ライターでもない限り、文章を添削される機会はほとんどありません。せいぜい「です」と「である」を併用しないなどの表面的なことだけです。本サービスでは「伝えたい相手にメッセージを正確に伝えられるか」という視点で、あなたが書いた文章を徹底的に添削。一緒によりよい文章を目指していきます。

お問い合わせ・お見積もり

こちらからお願いします。
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。