「正月太りが、中年太りのはじまりでした」

街やネット上には、思わず目を引く素敵なキャッチコピーがあふれています。
それを取り上げて自分なりに解釈し、パクろう自分のスキルアップに活用しようというコーナーです。

「正月太りが、中年太りのはじまりでした」
電車内で見たライザップの広告です。(人がいて写真は撮れなかった)
たしか1月の後半でした。

これが印象に残っているのは、一過性の「正月太り」とずっと続く「中年太り」が実はリンクしていると気づかせているから。

「正月太りだから、すぐ戻るだろう」と高をくくっている人に対し、「実は中年太りの第一歩なんですよ」と知らなかった事実をつきつける。
そう言われたら「ってことは、このぜい肉はこのまま残るの? そんなの困る! ライザップ行きたい!」と思っちゃいますよね。

まとめ
一見なんのつながりもない複数の事象が、実は関係性があることを知らせる。「人が気がつかない点を見つける」ことこそ、コピーライターの大切な役目。