「昔はできたのに」と言い訳するのは、「私は無能です」と声高に叫ぶのと同じ!

英語が必要になりそうな予感がしているので、久しぶりにオンライン英会話を検討中です。
さっそくECCの体験レッスンに申し込んだのですが、問題なのがどのクラスを選ぶか。

ライターになる前は「英語を使ったインターナショナルな仕事をしたい!」という、アラサー女子にありがちな具体性のない夢を追いかけていたので、当時は無駄に英語が得意。
バイリンガルヘルプディスクや外資系金融に勤め、TOEICは830点ありました。6年ほど前の話です。

わりと英語には自信があったのですが、レベルチェックテストを受けると一番下のレベル1!
TOEIC350点以下が目安だそうです……。

ちょ、待てよ(キムタク風)。
いくらなんでもそれはないでしょ?
昔はあんなにできたのにー!……と思いそうになったところで思考をストップさせました。

昔は昔。
今は今。

「昔は○○だったのに」って、単なる年寄りの説教か自慢話じゃないか。
私は、高齢者が「自分の若いころは……」と時代の変化を無視して若者を批判するのが大嫌い。

でも同じようなことを自分自身に向かって言うところでした。
努力していなかったし、英語が不要な環境にいたんだからスキルが下がるのは当たり前のこと。
現実を受け入れ、レベル1のクラスを受講しました。

でも……。
さすがにレベル1は簡単すぎました。
Where do you live?
I live in Nagoya

これはちょっとね……。
あっという間にテキストを消化してしまい、困った講師が「時間があまったからフリーカンバセーションしましょう」となる始末。

私の英語力が落ちたのは事実。
でも、ECCのレベルチェックテストの精度の低さはどうよ?
ECCは継続するのをやめました。

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪