「味方がいない」は本当? 実は見えないところにいますよ!

japan-637791_640

旦那が、イラン出張から帰ってきました。
なんとなく危険なイメージがある国ですが、実は治安よくてみんなフレンドリー。
おまけに、超親日らしいです。
旦那は滞在した現地企業でちょっとした有名人になり、「一緒に写真を撮ってくれ!」と言われることもあったそう。まるで、田舎に駆け出しの芸能人が来ちゃったような騒ぎですね(笑)。

それにしても、イランが親日国だなんてまったく知りませんでした。
イランは地理的にも文化的にも遠いですし、悪い言い方をすれば眼中にない国。イランに対する日本の関心の低さに、申し訳なさすら覚えます。

一方、反日国といえば、韓国と中国。
韓国と中国は、「日本なんて大嫌い」というメッセージをしょっちゅう発しています。

「あなたのファンです!」とはわざわざ言わない

ではなぜ、イランが親日国家ということを私たちは知らないのでしょうか。
それは、わざわざ「あなたのファンです!」とアピールしないから。
反日デモはしても、親日パレードはしません。

ネット上でも同じことが起きています。
たとえば自分のブログに批判が殺到したら、「自分の意見は間違っているのかもしれない」と感じるでしょう。
でも一方、支持者も必ずいるはずです。その人たちは「このブログは自分の意見と似ている」と感じるので、わざわざ「同意します」伝えないだけ。
私も、特にコメントはしないけれど定期的に読んでいるブログがいくつかあります。

味方がいない。
そう思っているのは自分だけで、実は隠れファンがいるかもしれません。ネットでもリアルでも。
自虐的にならず、ちょっと視野を広げてみませんか?

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪