「フェイスブックで友達5000人目指そう」は大迷惑! 

フェイスブックの友達申請は、基本的に承認しています。
主にブログ拡散ツールとして使用しているので、フェイスブックを通じて私のことを知ってもらえたら嬉しいので。

だから先日も、面識のない男性からのリクエストを承認しました。
でも数日前、その人が「フェイスブックの友達が5000人になりました!」と誇らしげに投稿しているのを見て、ソッコー削除。
見知らぬオッサンの「友達100人できるかな♪」につきあってられん。
しかも、“友達”の都道府県ごとの分布図までつくってて……。

さむっ!

なにこれ?
「俺、こんなに人脈広いぜ」アピール?
趣旨がまったくわかりません。

もちろん、投稿内容が面白ければ削除はしませんでした。
でも彼の投稿は、「今日のお昼はかつ丼」「子どもと公園行ったよ」的な、プライベートだだ漏れ系。SMAPのメンバーじゃなんだから、あんたの日常なんて興味ないよ……。
しかも「学生時代はレスリング部でした」と、上半身ほぼ裸の写真をアップし、公開セクハラをしている始末でした。

驚いたことに、「フェイスブックの友達を5000人にするには?」というハウツーがネットにはあふれているんですね。人数を増やすのが手段ではなく目的と化している人が、少なからずいるようです。
たとえば「川崎市多摩区にお店を構えているから、多摩区民5000人と繋がりたい」とか、「成蹊学園のケヤキ並木の写真をアップしているから、一人でも多くの成蹊大学の卒業生に見てもらいたい」とか、明確な意図があるならもしリクエストされても快く受けられます。
でも単に「自分の人脈を広めたい(正確には広いように見せたい)」という目的の“頭数合わせ”に利用されると、不愉快です。
そんな数遊びゲーム、内輪でやってください。
人の気持ちを考えられないから、「友達5000人」というわかりやすい交流関係にしがみつくのでしょうか。

ちなみに私が抜けて友達4999人になったのに焦ったのか、もう5000人に戻っていました(笑)。

こんな私と繋がってみたいと思ったもの好きな方は、フェイスブックのフォローやリクエストをご自由にどうぞ。
以前は「メッセージを添えてください」とお願いしていましたが、やめました。
自分がリクエストを送る立場だったら面倒だし、今回のように「友達5000人目指しているんで繋がってください」とか言われてもリアクション困りますしね。

・プロフィールはこちら
フェイスブック(フォローはお気軽に。リクエスト歓迎は基本的に承認します。メッセージは不要です)
ツイッター(基本的にフォロー返しします)
・お仕事の依頼、相談、見積もり等についてはこちら からお気軽にどうぞ♪